読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

契約同棲

おっす。おはようございます。こんにちは。こんばんは。お元気でしょうか?私はゲンコです。

本日最終回を迎えてしまう(非常に悲しい)『逃げるは恥だが役に立つ』、皆様はご覧になっているのかしら。私は毎週みくり(新垣結衣ちゃん)を眺めてはムズキュンボンバーしています。恋ダンスは結局覚えられませんでした。チャカチャカチャカチャカしている速い動きについていけないおばあちゃんです。

私は最近元々仲の良かった先輩と更に仲が良くなり、ほぼ毎日一緒にご飯を作り、眠り、生活を共にしています。仕事が終わりお互いの部屋に直帰することも多々あり。昨日は「もうすぐ帰るよ」の連絡の後電話が来て、「何食べる?部屋に何ある?」等、夕飯を一緒に食べること前提の会話が始まり笑いました。「あれ?私妻居たっけ?」、と時々感覚がおかしくなります。

先ほど話題に出した『逃げ恥』は、ざっくり言いますと、サラリーマンの津崎さん(星野源さん)が家事代行のみくり(ガッキー)を雇い、お互いメリットが多いとか何とかで事実婚(籍は入れずに住民票を妻として移す)をし、表向きは新婚夫婦、しかし実際はお給料の発生する契約結婚で、二人の関係はただの雇用主と従業員!さ〜〜、どうなる!みたいな話です。すみません、公式ホームページを見てください。

……で、また先輩の話に戻りますが、私とその先輩は今お互いの部屋を行き来出来る関係になっているので、私が先輩のお部屋の家事(洗濯、皿洗い、掃除、暇ならご飯の作り置き等)を行ったり、逆に先輩が私の部屋で普通に生活をしていたり、私の服を着ていたり、先輩の服を借りたり、挙げ始めるとキリが無いのですが、とりあえずカップルの半同棲感が半端ネェんです。お前ら早く付き合えよ。

しかし、私にとって先輩はただの先輩で、先輩にとっても私はただの後輩で。特にお互い何も意識せず、何がきっかけだかは分かりませんが何となく一緒に生活するようになりました。そもそも先輩はノンケ、あ、決め付けは良くないわね。

……で、ここでまた『逃げ恥』の話に戻りますが、先輩のお部屋の家事やら何やらをしていると、いつも「これ逃げ恥っぽいな」って思うんです。これにお給料が発生したら、これが仕事だったら、とか考えながら家事をこなしています。

ここからは私の妄想ですが、先輩はきっと私をあったか装置か目覚まし時計だと思っていて、私は私で人の為に何かをすると精神的安堵感を得られるんです。これっていわゆるウィンウィンの関係じゃないですか。ウィンウィンって言いたかっただけ。ウィンウィン。そうしたらもう、『逃げ恥』の契約結婚ではないけれど、「契約同棲しませんか?」っていう提案が頭に浮かぶんです。ウィンウィン。私は恋人もいなければ人(他人ではなくて自分の身近な人)の為に何かをする機会も無いので、先輩のお世話をしていると何だかとても心が安定するんです。某おっすのことも忘れられるし。おっす。

何が言いたいんだか分からなくなってしまいましたが、簡単にまとめると「契約同棲、エエナ」って話です。私にはとても心地の良い関係です。先輩に飽きられるまで、一緒に生活したいな。一人で眠ることの方が少なくなって、一人だとシングルベッドが広く感じます。惚気かよ。違えよ。契約同棲のお話はここで終わりです。

ふと思ったのだけれど、ドラマの中で行われていた事実婚(籍は入れずに住民票を妻として移す)、この括弧内のことって同性同士でも可能なんでしょうか。無理なのかしら。調べてみようと思って調べていなかったので、ここでメモ。三度寝をかましている先輩をそろそろ本気で叩き起こすので、またね。今日も一日頑張るゾイ。

 

5:35AM